スナップオンツールズ株式会社



TOP会社案内TOP > スナップオン・ストーリー

スナップオン・ストーリー

たったひとつのアイデアから

スナップオン・ツールズの歴史は1920年代のアメリカまで遡ることができます。 当時工具といえばハンドルとソケットが一体となっていました。例えば10種類のサイズのネジを回す場合には、10本のレンチが必要となり、さらにT字型、L字型と分けていくと、合計何十本ものレンチが必要でした。

T型フォードの量産型車が生まれ、自動車産業が目覚ましく発達したアメリカ……。それだけ整備の需要が急増した時代。


グラインダー製造会社に勤務する一人の青年が「少ないツールで多くの作業を」という発想から、従来の非経済的なレンチのソケットとハンドルを分離するという画期的なアイデアを生み出しました。これが、世界最大のハンドツールメーカー「スナップオン」の礎となるインターチェンジャブルソケットレンチのはじまりです。

このアイデアは当時の勤務先の上司には受け入れられませんでしたが、独立し、製造販売することによってやがて世間に絶賛されるようになりました。

この青年の名はジョセフ・ジョンソン。スナップオンの創業者である彼の、既成概念を崩し新しい価値を創造する精神は85年以上経った今でも受け継がれています。 スナップオンの歴史はたった一つのアイデアからはじまったのです。


1920年代

ハンドル分離型ソケットレンチが創業者ジョセフ・ジョンソンにより考案される。5種類のハンドルと10種類のソケットで50種類の組み合わせを可能にしたセットを発売。
キャッチフレーズはずばり、「5 do the Work of 50!」 (5本で50の仕事をする)。これをパートナーのウィリアム・セイドマンとともにサンプル片手に営業に回ったところ、瞬く間に500セットの注文を受ける。


1930年代
社名を「スナップオン・ツールズ」に変更。
アメリカ経済が大恐慌に陥り景気が低迷する中、メカニックが将来購入したい工具のリストを作成するという「Dream Order」と、一括支払いではなく数週間に渡る分割支払い方式「Time Payment」のシステムを開始し、メカニックの購買意欲向上に努める。
この方式は現在でも行われており、特に「Time Payment」は現在「R/A」(Revolving Account)と名を替え、ユーザーがレンチやドライバー等のセット商品を購入するための主要な方法となっている。

初の海外拠点として「スナップオン・ツールズ・カナダ」を開設。
イリノイ州シカゴ近郊に工場を開設。
社名を「スナップオン・ツールズ・コーポレーション」に変更。
1940年代

現在でもスナップオンの特徴的な販売体系であるウォークスルータイプのバンによる販売を開始。
従来の営業マンが独立ディーラーへと移行、現在のFC加盟店形態の基礎となる。


1950年代

カナダ・トロントに工場を開設。
「スナップオン・デ・メキシコ」を開設。
工具箱専用工場をアイオワ州アルゴナに開設。
「スナップオン・イギリス」の開設。


1960年代

従来の点接触でネジやナットを回していたのに対して、面接触を可能にした形状「フランクドライブ・レンチシステム」を米軍の依頼により開発。その技術はボックスソケットやレンチ等に活用され特許を取得、多くのユーザーの高い評価を得る。

イリノイ州オタワに大規模な物流センターを開設。全米の支店および海外拠点に対する出荷体制の充実を図る。

マサチューセッツ州ナティックにスナップオン初のエアー・ツール専用工場を開設。その後「THE POWER PEOPLE」のキャッチフレーズでエアー・ツールの人気が上昇。


1970年代
西ドイツ(現ドイツ)ウィルスバックに北米以外ではイギリスに次ぐ2番目の海外拠点を設立。
ニューヨーク証券市場に上場。これによりスナップオン社株は、世界中の主要株式取引者を通じて購入が可能となる。
1980年代
オーストラリアに海外拠点を設立。
オランダに海外拠点を設立。
ベルギーに海外拠点を設立。
100%出資の日本現地法人「スナップオン・ツールズ・インダストリアル株式会社」を東京都江東区に設立。
フランクドライブ・システムをスパナ部分に応用した「フランクドライブ・プラスシステム」を開発、これにより従来のスパナより数十パーセントのトルクアップを実現(当社製品比)。
1990年代
スナップオン・ツールズ・インダストリアル株式会社を「スナップオン・ツールズ株式会社」に社名変更。自動車整備市場へ正規フランチャイズ加盟店経由の直接販売を開始。



〒136-0082 東京都江東区新木場2丁目1番6号
[会社案内]