【エーミング作業について】



エーミング作業を実施するにあたり、作業環境の確保や計測器、ターゲットが必要になります。

エーミング調整に必要なリフレクターなどのSST(スペシャルサービスツール)につきましては弊社では取扱いがございません。メーカーまたは取扱店へお問合せください。 また、以下の手順書等につきましては誤りがある場合がございますので、詳しくはメーカー発行の整備書でご確認ください。

●作業環境 ※例:トヨタの場合

1. 水平な場所に車両を設置して車両前方に縦横3mのスペースを確保します。

-注意-
・前方に電波を反射する金属類がない事(ミリ波レーダ調整時)
・逆光やターゲットパターンに類似する物がない事(カメラ調整時)

●計測器

1. 巻尺/2. 曲尺/3. 錘をつけたタコ糸/4. 水平器/5. マスキングテープ

●ターゲット

1. レーダのリフレクターはメーカー指定のツールを購入する必要があります。
2. カメラのターゲットはメーカー整備書を参照して自作する必要がありますす。

●その他

1. クリアランスソナー調整時にはデジタル角度計が必要です。


各メーカーのエーミング作業手順
※この手順書はMTG2000-Sを使用した手順書となりますが、同様の手順はMTG1500 MTG1500-S MTG2000 MTG5000でも適用可能です。

●トヨタ・レクサス

前方レーダー光軸調整(プリウス ZVW50系)
前方認識カメラ光軸学習(プリウス ZVW50系)
インテリジェントクリアランスソナーシステム登録(プリウス ZVW50系)
ブラインドスポットモニタ設定(プリウス ZVW50系)
オブジェクトレコグニションカメラ光軸学習(LS600)

●ニッサン

カメラエーミング(ノート e-power EE12)
ミリ波レーダ光軸調整(フーガ Y51)
アラウンドビューモニタ カメラキャリブレーション(セレナ C27)NEW

●三菱

アラウンドビューキャリブレーション(ekスペース B11A / DAYZ ROOX B21A)
レーダーレーダの点検(ekスペース B11A)

●ホンダ

マルチパーパスカメラの調整(フィット GK3)
ミリ波レーダの調整(フィット GK3)
ミリ波レーダの調整(N-BOX JF3)

●マツダ

FSC エーミング(デミオ DJ5FS)
レーザセンサ簡易点検(デミオ DJ5FS)
FSC 静的エーミング(アテンザ GJEFW)
FSC 走行エーミング(アテンザ GJEFW)
MRCC 初期設定(アテンザ GJEFW)
レーダユニットエーミング調整(アテンザ GJEFW / デミオ DJ5FS)

●スバル

アイサイト カメラ調整/検査(WRX / レヴォーグ / レガシー)

●ダイハツ

フロントカメラ光軸調整(ムーヴ LA160)
レーザレーダセンサ光軸調整(ムーヴ LA150)
レーンレコグニションカメラ光軸調整(ムーヴ LA175)
ステレオカメラ光軸調整(タント LA600S)
ソナーエリア検査(タント LA600S)

●スズキ

デュアルセンサブレーキサポート調整(スイフト ZC83S)
レーダーブレーキサポート点検(〜2014.2製造モデル)


Copyright (C) Snap-on Tools Japan K.K. All rights reserved.